ハーレクイン・スーパー・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

水曜日の恋人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
結婚観―独身主義。恋愛はするが、せいぜい六、七カ月まで。性格―社交的。ただし、幼いころに父親を亡くし、母の再婚で一度にふたりの義妹ができたときの後遺症で、子供に対して異常に恐怖心が強い。これがクリニックを開業するカイロプラクター、ネイト像だ。この自他共に認めるレディー・キラー、ネイトが恋におちた。お相手は毎週水曜日、午後三時二十五分になると、サファリジャケットに身を包み、まっすぐな髪をなびかせながらクリニックのあるビルに現れる、マデリン・スコット嬢だ。とある雨の日、ネイトは偶然を装ってマディを車で送ることに成功した。「動物園の飼育係をしているの。動物が好きなのよ」得意の話術で話がはずみ、おまけにお互い古い映画好きで意気投合。ところが彼女の家にはふたりの子供と男がいた。義兄とその子供たちと、ひとつ屋根の下で暮らしているらしい。やっかいなことになったと思いつつも、ファイトを燃やすネイトだった。

歌姫 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
かつてラブソングの女王―“歌姫”と呼ばれたホイットニーは、おじの遺産の農場を受け継ぐために故郷に帰ってきた。三年前、悲惨な結婚生活に終止符を打って町を出たが、やはり生まれ育った懐かしい土地で静かに暮らそうと決心したのだ。しかし離婚後、事故死した夫の父親は憎悪をあらわにするばかりか、農場を奪ってリゾート地にしようと企んでいた。そこを借りている大学教授アダムもまたなにか吹き込まれたらしく、初対面の彼女に冷たい。「なぜ戻ってきたんですか?あなたには煩わしい所でしょうに」予想どおりの反応だったが、なぜかホイットニーは彼に心惹かれる。「それは十分心得ています。わたしの故郷ですから」“彼もわたしの土地を狙ってぐるになっているのかしら?”不安をぬぐいきれないまま、農場でのふたりの共同生活が始まった。

ふたりの渚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
暗い路上を照らすヘッドライト―かすかな接触音―道端に横たわる子供の姿…。“まさか!”アンジェラ・カラザースの体を恐怖が貫き、一瞬夫と娘を同時に失った三年前の記憶が脳裏をよぎる。子供をかつぎこんだ病院で彼女は医師パトリックと出会い、ふたりの仲は急に深まっていった。だが、アンジェラはどうしても三年前の事故を打ち明けられない。彼のほうにも語れない過去があるという。ふたりはお互いの心の秘密を前にして立ちすくむ。愛をつなぎとめておくためにはすべてを打ち明けることだが、人には永遠に心の底に閉じこめておきたいこともある。アンジェラはしだいに狂気の渕へと歩んでいった。

どんなときもそばに (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
莫大な借金に追われているところに、失業!自分の人生が、もう手に負えなくなって…。ゴージャスなことの大好きな恋人ウイル・ホルワース三世と贅沢三昧の二年を送ったあとフィービーは、ウイルが支払いは全部彼女のカードに任せて、逃げていったことを知った。母から無理を言われるたびに送金もしているので、フィービーが持つ四十三枚のクレジットカードは、大借金まみれ。シリコンバレーにある豪奢なコンドミニアムも売却するしかない。売れるまでのつなぎに賃貸に出そうと決め、通勤に四時間もかかる酪農場に貸間も見つけた。だが、贅沢の味を知ったフィービーは買い物依存症で、もう払えないのに、美しい物を買うことはやめられない。そんなときに、なんと失業!踏んだりけったりの彼女の前に、厳しく叱りつける人物が現れた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フロイド,スーザン
本名スーザン・キモト。ロマンス小説家としてはめずらしい日系アメリカ人。カリフォルニア州ロスバノスの生まれ。1997年から本格的に執筆を始め、2000年スーパーロマンスから作家デビューした。カリフォルニア大学サンタクルス校他で長年教鞭をとっている。大切な家族の一員である犬ライリーをセラピードッグにするために、もっか訓練中。趣味はガーデニング、クロスステッチなど。カリフォルニアに愛する夫とライリーと住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

魂が帰る場所―シェルター・バリー物語〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
恋人ザックと出席した友人のパーティーで、ランディは親友バーバラの姿を見つけた。バーバラには女性の連れがいて、なぜかランディと顔を合わせようともしない。不思議に思ったランディがザックを促して近づいたとき、彼女は異変に気づいた。ザックの表情がひどくこわばっている。ザックには離婚歴があり、原因は彼の妻にあったとは聞いていた。妻は同性愛者で、それは自分に男性として魅力がなかったせい…。そんな思いがずっと彼を苦しめていたようだ。この人がザックの別れた妻、そして妻の相手の女性というのは、バーバラだったの!やがて、この事実が二人の関係に微妙な影を落としはじめた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クイン,タラ・T.
アメリカではベストセラーリストにその名が載る人気作家。日本でも近年人気が急上昇している。オハイオ州の生まれで、七歳のころから物語を書き出したという。十六歳からは地方紙に書き始め、大学卒業後、高校教師をつとめながら雑誌にも寄稿。プロデビューは1993年スーパーロマンスから。このデビュー作がRITA賞最終候補に残り、一躍シリーズのトップ作家の一人となった。三部作のあと単行本も執筆している。現在、夫、十代の娘とアリゾナ州に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

黒髪の狩人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二カ月前、デパートの宝石売り場で盗難事件が起こり、嫌疑をかけられていた女性店員が自殺した。そして今度は毛皮サロンが被害にあい、サロンのオーナーの息子アレックスが調査に乗り出すことになった。容疑者は二週間前サロンの主任になったばかりのキャロラインだ。美人で華やかな雰囲気を漂わせる彼女にアレックスは興味を持った。しかし、調べていくうちに彼女が実は弁護士であることがわかる。「犯人じゃないと言い張るなら、どうして身分を偽っているんだ?」「なぜ姉があんなことになったのか、真相を突きとめるためよ。自殺した宝石売り場の店員ジェーンは、わたしの姉だったの」“キャロラインと彼女が姉妹だったとは…”アレックスには、ジェーンとのことで知られたくない秘密があった。

この愛しき者を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一瞬の誤認による悲劇。それは有能な警察官ジェイクにとって思いもかけぬ不運だった。罪の意識に押しつぶされ、周囲の勧めで警察を休職した彼は、ボランティアとして、とある病院の未熟児集中治療室で働き始める。毎日その集中治療室に通ってくる、未熟児ピーターの母親、ロビン。“しわくちゃでピンク色の、わたしの愛しい赤ちゃん。どうかがんばって。ママにはもうあなたしかいないの!”そして、そのロビンを見つめるジェイク―。近づくのは間違っているのかもしれない。苦しむのは目に見えている。しかし、この無力な幼子を、頼るすべなき母親を、この愛しいふたりを守ってやりたい、この俺の手で。だが、いつかは告げなくてはならないだろう。彼女の夫を殺したのは自分だということを―。

内容(「MARC」データベースより)
一瞬の誤認による悲劇。警察官ジェイクは罪の意識に押しつぶされ休職し、とある病院の未熟児集中治療室で働き始める。毎日そこに通ってくる未熟児ピーターの母親ロビン、この愛しい幼子と母親を守ってやりたい…。だが彼女の夫を殺したのは自分なのだ…。

空と海とヨット (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ブラッキーが気がつくと、ひとりの女と数人の子供がそばにいた。彼はニューヨークから台湾までのヨットレースの途中、南太平洋で台風に遭ったところまでは覚えているが,どうやらヨットともども孤島に打ち上げられてしまったらしい。女はアメリカン・スクールの教師、子供たちはその生徒で、遊覧船で海上見学をしているさなか一団の男たちに襲われたという。そして教師キャサリンが乱暴されそうになったが、隙を見て島の反対側にみんな逃げてきたのだ。ブラッキーはただちに全員をヨットに乗せると出航した。彼の孤軍奮闘する姿はキャサリンの目に焼きついた。ブラッキーもまた彼女の美しい姿に魅了される。

愛のカルテ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ぼくが弟さんを死に追いやってと考えているんだね?」落ち着いた口調でたずねる海軍の精神科医デイビッドを見返してクリスは思わずつばをのんだ。“そうよ、あなたが弟を殺したのよ”半年前、潜水艦の乗組員だったクリスの弟が自殺した。精神的に潜水艦勤務には向いていないのに、弟の適性テストを担当した彼が勤続続行の許可を与えたのだ。クリスはデイビッドを告発しようと思った。だが、彼は彼女が想像していたような冷酷な軍医ではなく、海の似合う、美しい目をした男性だった。しかも彼は弟と親しかったはずなのに覚えてさえいないと言う。ふたりで調査を進めるうちにクリスの気持は揺らいでいった。

花嫁は親友の妻 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャロラインは夫ボーの死後、婚家でのひどい仕打ちに耐えかね、先のめどもないまま、五歳の養女ローズを連れて旅に出た。亡夫ボーに子供がつくれず養女にしたローズだが、キャロラインは命に代えても惜しくないほど愛している。彼女は生前ボーが兄と慕っていた牧場主アダムを訪ねることにした。一方、亡くなった親友ボーの妻が娘を連れて現れたことで、アダムは心底から動揺した。ボーとアダムのあいだには、二人しか知らない秘密があった。特にボーの妻には、決して知られてはならない秘密だ。まして、その女性に自分が惹かれるなど、アダムは絶対に自分が許せなかった。波瀾万丈の女性の人生をしっとりと描いて大好評の実力派ストーリーテラーが、前三作に引き続きグローリーの町を舞台にして描く、涙なしには読めない長編正統派ロマンス。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ボウエン,ジュディス
カナダ、アルバータ州エドモントンの生まれ。ロッキー山麓で育ち、カナダの大自然とそこで生きる人々に深い共感を持つ。十二歳のときお小遣いをためて初めて自分の馬を買ったという筋金入りの馬好き。オタワの大学を卒業後、新聞社、雑誌社の仕事をしたのちフィクションを書き始めた。夫、三人の子供と現在ブリティッシュ・コロンビア州に住む。スーパーロマンス・シリーズに登場した期待の実力派ストーリーテラー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [美容外科] [ハロー!江東区!] [台東クラブ] [GOGO!江戸川区!] [墨田区紀行] [電子たばこ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [アキバ中毒のページ] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [東京ぶらぶら] [鶯谷・うぐいすだに] [台東紀行]
[知られざる中国文学の世界。] [サワークリームのカオリ]

ooo千葉蛸・たこ焼き大好きooo 花ざかり千葉ooo あまーい千葉スイーツタワーooo 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」ooo 庭いじり道/ホームセンター大好き@千葉市ooo A&Dooo 観葉植物に囲まれてecoライフin千葉ooo 和菓子de千葉はんなりooo 幕張UFOooo ライズスモーカーooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo ガシャポン戦死!ooo 国家の要!千代田区ooo 荒川区の情報を調べる会ooo メイドの土産.comooo 中野区居住化計画ooo 夏はプールだ千葉特集ooo 千葉県の大学一覧ooo 鶯谷・うぐいすだにooo