ハーレクイン・スーパー・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

遺跡にかかる虹 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「この壷は偽物だ」ロビンの店にふらりと入ってきた男がいきなり言った。「えっ?いったいなんのこと…」ここサンタフェでロビンが写真店を開いて一年になる。彼が指さしているのは、彼女がインディアンの村に行ったとき、そこで壷を焼いていた職人から借りて撮影した写真だ。アダムと名乗るのその考古学者は、その壷が古代の壷の贋作だと言うのだ。「贋作を作るのは犯罪なんだ。ぼくと一緒にこの壷を作った職人を捜しに行ってほしい」彫りの深い顔だちに神秘的な雰囲気を漂わせた、アパッチインディアンの血を引くアダムに惹かれるまま、ロビンは事件に介入していく。だが、彼女の周囲には次々と犯人からの警告が―。

すてきなダンス (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ニューヨークに行ってくれたらベッドをともにしてもいいわ」セラピストのレニーの口からとんでもない言葉が飛び出した。目の前の男トリップがにやりとしてうなずく。“いくら彼を飛行機に乗せるためとはいえ、わたし、どうかしているわ!”ニューヨークで3人のミステリー作家を集めて、新作本の販売促進を兼ね、彼らの推理力コンテストが開かれる。宝探しの形式で、手がかりを追つて3人が全米を飛び回るという。しかし、そのひとりトリップは飛行恐怖症のため参加を拒んでいた。そこで、彼の共同執筆者がレニーに依頼してきたのだ。トリップを飛行機に乗せて連れてきてくれたら400ドル支払う、と。いやがる彼を大胆な取り引きでなんとか連れていったものの、その約束を実行しなければならない夜が近づいてくるし、おまけに例の謎解き旅行にも一緒に行くはめになってしまい…。

永遠のシェルター (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
別れた夫サムが、十年ぶりにシェルター・バリーに戻ってきた。心に深い傷を負った七歳の娘を連れて。サムに助けを求められ、キャシーの心は複雑な思いに揺れた。ふたりが別れたのは、彼が女性問題を起こし町を出ていったからだ。しかしキャシーには、なぜサムがそんな行動をとったのか、本当の理由がいまだに理解できない。彼を許してはいないが、マライアをほうってもおけず、キャシーはペットセラピーで彼女の治療を始めることにした。協力的なキャシーの姿に、サムは全幅の信頼を寄せる。だが、キャシーの心の裏側に、彼らふたりの胸を切り裂くような秘密が隠されていることを。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クイン,タラ・T.
アメリカではベストセラーリストに名が載る人気作家。日本でも近年人気が急上昇している。オハイオ州の生まれで、七歳のころから物語を書き出したという。ヴァイオレット・ウィンズピアの大ファンだった。十六歳からは地方紙に書き始め、大学卒業後、高校教師をつとめながら雑誌にも寄稿。プロデビューは1993年スーパーロマンスから。このデビュー作がRITA賞最終候補に残り、一躍シリーズのトップ作家の一人となった。現在、夫、十代の娘とアリゾナ州に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

見えない糸―Twins〈4〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
優しい養父母、気の合う兄弟、そして天職ともいえる仕事。キャサリンは現在の生活に満足していて、生みの親について知りたいと思ったことは一度もなかった。だがある日、弟の出場するカーレースを見に行き、レース場で見知らぬ男性に声をかけられてから、何かが大きく変わりはじめた。人違いをして声をかけてきたのは、双子研究所を運営するデイヴィッドという男性だった。彼の研究所をよく訪れるシャノンという女性に、キャサリンは顔も姿もうりふたつだったのだ。シャノンは、双子の姉妹を捜したいと言っているらしい。しかしこの時点ではまだ誰も、運命の大きな渦に気づいていなかった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウインターズ,レベッカ
アメリカの作家。十七歳のときフランス語を学ぶためスイスの寄宿学校に入り、さまざまな国籍の少女たちと出会った。これが世界を知るきっかけとなる。帰国後大学で、多数の外国語や歴史を学び、フランス語と歴史の教師になった。ユタ州ソルトレイクシティに住み、四人の子供を育てながら執筆活動を開始。これまでに数々の賞を受けたベテラン作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

やさしい狼 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
渾身の力をこめてリーラは男の横っ面を引っぱたいた。「出ていって。二度とわたしの前に現れないで!」「あとで後悔するなよ」そう捨て台詞を吐いて男が出ていこうとしたところへ、ちょうどウィンがやってきた。ヘルスクラブのインストラクター、リーラとジャーナリスト、ウィン。ふたりはウィンがクラブに取材しに来て以来のつきあいだ。「あの男、このあいだのパーティーのときもきみを困らせていたね」「つまらないことよ。忘れましょう」「いや。きみは十年前、写真家のあの男に発掘されてモデルになった。彼専属のモデルで同棲もしていた。そして売れだしたとたん、きみは突然ニョーヨークから姿を消した。なぜなんだい?」「どうして…どうしてそんなことまで知っているの?調べたのね!」「きみを愛しているから…いったいあいつとなにがあったんだ?」“さんざん利用されて、やせるために多食嘔吐症にまでなったのよ”でも、リーラは言えなかった。過去はあまりにもみじめすぎる…。

信じていたい (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
新任の部長に抜擢されたバレリーは朝から気持が落ち着かなかった。経営合理化のためすご腕の経営コンサルタント、グレンが来るのだ。部長といえども、彼は情け容赦なく首を切るという噂だ。この新設された事業部の長に就いたのは能力を買われたからよ、そう自分に言い聞かせながら彼女はグレンの待つ会議室に入った。“まさか、こんなことってあるかしら!”咋日、空港のなかで偶然ぶつかってしまった男ではないか。このハンサムで魅力的な黒髪と黒い瞳はまぎれもなくあの人だ。「あなたが優秀だと評判のバレリー・スタッフォードさんですね?」思いがけない再会に胸をときめかしながらも彼女は顔を曇らした。三年前夫が自殺して以来、バレリーは仕事だけに打ち込んできた。そしていま、女性部長として意欲に燃えていたところなのだ。

どんなときもそばに (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
莫大な借金に追われているところに、失業!自分の人生が、もう手に負えなくなって…。ゴージャスなことの大好きな恋人ウイル・ホルワース三世と贅沢三昧の二年を送ったあとフィービーは、ウイルが支払いは全部彼女のカードに任せて、逃げていったことを知った。母から無理を言われるたびに送金もしているので、フィービーが持つ四十三枚のクレジットカードは、大借金まみれ。シリコンバレーにある豪奢なコンドミニアムも売却するしかない。売れるまでのつなぎに賃貸に出そうと決め、通勤に四時間もかかる酪農場に貸間も見つけた。だが、贅沢の味を知ったフィービーは買い物依存症で、もう払えないのに、美しい物を買うことはやめられない。そんなときに、なんと失業!踏んだりけったりの彼女の前に、厳しく叱りつける人物が現れた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フロイド,スーザン
本名スーザン・キモト。ロマンス小説家としてはめずらしい日系アメリカ人。カリフォルニア州ロスバノスの生まれ。1997年から本格的に執筆を始め、2000年スーパーロマンスから作家デビューした。カリフォルニア大学サンタクルス校他で長年教鞭をとっている。大切な家族の一員である犬ライリーをセラピードッグにするために、もっか訓練中。趣味はガーデニング、クロスステッチなど。カリフォルニアに愛する夫とライリーと住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

仮面の恋人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
4人目の男、土木技師だというクリスは思った以上に魅力的だった。それだけに、新聞記者トレーシーは気を引きしめた。“だまされちゃだめ。彼こそ獲物かもしれないのよ。”今、世間では“ロンリーハート事件”が横行している。新聞に交際希望の広告を出した人を狙って金をだまし取る、アベックによる悪質な詐欺事件だ。憤りを感じた彼女は犯人を捕まえて記事にしようと金持の女性に変装して自らおとりになったのだが、返事をよこしてきた男たちのなかでこのクリスが一番怪しいのだ。しかしデートを重ねるうちトレーシーは彼に惹かれていってしまう。恋と仕事のジレンマに陥っている彼女をクリスは旅行に誘った。“やはり彼が犯人だわ。例の詐欺師の手口と同じ誘い方だもの”危険を承知でトレーシーは一緒に行くことに決めたが…。

狙われたダイヤ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“都会にあこがれるただの田舎娘じゃないぞ”自信と力強さに満ちたジェニーを見てグラハムはそう直感した。「きみはなぜボディーガードになろうと思ったんだい?」「父の牧場を継いで結婚して家庭を持つだけでは満足できません。外の世界で自分の力を試してみたい、刺激的な仕事がしたいんです」彼女はボディーガード養成学校を優秀な成績で卒業したばかりで、重要書類や宝石などを運ぶクーリエを護衛する仕事を求めていた。スリルはあるが、それだけ命の危険を伴う仕事だ。「覚悟はできています。わたしにチャンスをください」“まさにボディーガードにはうってつけの人物だ”自分自身クーリエで冒険好きなグラハムは即座に決断した。ニューヨークには大仕事が待ち受けているのだ。彼女と一緒に仕事をすることになると思うと、彼はわくわくした。

見えない糸―Twins〈4〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
優しい養父母、気の合う兄弟、そして天職ともいえる仕事。キャサリンは現在の生活に満足していて、生みの親について知りたいと思ったことは一度もなかった。だがある日、弟の出場するカーレースを見に行き、レース場で見知らぬ男性に声をかけられてから、何かが大きく変わりはじめた。人違いをして声をかけてきたのは、双子研究所を運営するデイヴィッドという男性だった。彼の研究所をよく訪れるシャノンという女性に、キャサリンは顔も姿もうりふたつだったのだ。シャノンは、双子の姉妹を捜したいと言っているらしい。しかしこの時点ではまだ誰も、運命の大きな渦に気づいていなかった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウインターズ,レベッカ
アメリカの作家。十七歳のときフランス語を学ぶためスイスの寄宿学校に入り、さまざまな国籍の少女たちと出会った。これが世界を知るきっかけとなる。帰国後大学で、多数の外国語や歴史を学び、フランス語と歴史の教師になった。ユタ州ソルトレイクシティに住み、四人の子供を育てながら執筆活動を開始。これまでに数々の賞を受けたベテラン作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [美容外科] [ハロー!江東区!] [台東クラブ] [GOGO!江戸川区!] [墨田区紀行] [電子たばこ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [アキバ中毒のページ] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [東京ぶらぶら] [鶯谷・うぐいすだに] [台東紀行]

oooデジモク-DIGIMOKU-ooo 寿司喰いねぇ~!ooo シブヤをよく知る為のサイトooo よい街、品川ooo 千葉のちょっといい景色ooo 千葉スポーツ施設MAPooo 文の京!文京区!ooo 板橋LOVEooo 中野区居住化計画ooo 千葉鰻ooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo 千葉市の公園・行楽地探し・週末家族でどこにいこう!ooo 千葉の醤油ooo 日暮里 鶯谷 上野 ニュースooo ~品川の街~ooo 千葉のちょっとおすすめ観光情報!ooo 渋谷ぶらりooo 神奈川いいとこじゃん!ooo 春日ちゃんのお散歩マップooo 山手線エリアのパスタooo