ハーレクイン・スーパー・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

夕日を見つめて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“あのニール・グラントに会えるんだわ”海洋生物学者リルは胸を躍らせていた。今、コーラル・キー海洋研究所では、小型潜水艇で深海調査を行う画期的な計画がすすめられている。だが、その操縦士としてやってくるニールには暗い過去があった。3年前自ら操縦する潜水艇で3人の乗組員を死なせてしまったのだ。そのために研究所内での彼への風当たりも強かった。“でも、あの事故は彼の責任ではないわ”事故調査委員会に参加したリルはそう確信していたし、腕の立つ優秀な操縦士としてニールを迎えるつもりでいた。ところが、なぜか彼は冷たい目でリルを一瞥しただけだった。これから一緒に仕事をするというのに、こんな態度をとるなんて。期待を裏切られたようでリルは先行きが不安になった。

デルタの熱い夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
すさまじい爆音―耳をつんざく機関銃の音。アリサは懸命に走った。彼を助けなければ。「早く逃げて、早く!」だが、飛行機の爆音でその男に声は届かない。アリサが男に思いきり体あたりする。2人は抱きあったまま真っさかさまに用水路にころげ落ちた…。ミシシッピ川の下流に広がる豊かなデルタ地帯で考古学者アリサとペースの出会いは衝撃的だった。この瞬間から燃えあがる恋の炎。だが野性的な農場主ペースの表情がときおり暗く陰る。ふと彼の口を突いて出る“あの女”とは、いったいだれなのだろう?ポバティ・ポイント遺跡の祭壇で2人が愛を誓うのはいつか…。

悲しみの構図 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“ダイアナを恐喝している犯人を極秘で調べてほしい”復帰した往年の名女優ダイアナのマネージャー、ローレルの依頼で、私立探偵ニックは防犯コンサルタントと偽ってダイアナ邸に潜入した。財産管理人のトニー、宣伝係のフラン、衣装デザイナーのレバ、元恋人ロンなど、動機のありそうな人物がうようよしている。それにしても解せないな、とニックは思った。ローレルのダイアナに対する献身ぶりは異常とも言える。それに、仕事に打ち込むローレルが時折見せるあの悲しげな表情…。ニックはしだいに興味以上のものを彼女に抱くようになる。数日後、ついに犯人がわかったかに思われた。だがその人物は殺され、再び脅迫状が送りつけられる。そこにはローレルに関する思いがけない事実が―。

内容(「MARC」データベースより)
「ダイアナを恐喝している犯人を極秘で調べてほしい」 復帰した往年の名女優ダイアナのマネージャーの依頼で、私立探偵ニックは防犯コンサルタントと偽ってダイアナ邸に潜入した。数日後、ついに犯人がわかったかに思われたが…。

嵐の季節 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
毎日多くの子供たちが行方不明になる、病める国アメリカ。フロリダの片隅の小さな町でも、それは同じように起こった。ジェイクの六つになる息子のスコッティがいなくなって三カ月たつ。妻レイチェルの心はもう砕ける寸前のように思える。十八年の結婚生活、ふたりの間にも何度か危機があった。そのたびなんとか乗り越えてきたが、今度の試練はあまりにも大きい。そんなある日、ジェイクの前に新たなる爆弾が投じられた。十四歳の少年マイケルが、あなたの息子だと頼ってきたのだ。魔がさしたとしかいえない、たった一夜の浮気の結果だった。レイチェルの反応は推して知るべしだったが、マイケルは素直な子で、ジェイクはたちまち新しい息子が好きになった。この子を手元におく限り、レイチェルとはもうだめかもしれない…。

内容(「MARC」データベースより)
毎日多くの子供たちが行方不明になる、病める国アメリカ。フロリダの小さな町でも、ジェイクの6歳になる息子スコッティがいなくなってから3か月。妻レイチェルの心はもう砕ける寸前だった。そんなある日、14歳の少年が、ジェイクの息子と言って現れた。

歌姫 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
かつてラブソングの女王―“歌姫”と呼ばれたホイットニーは、おじの遺産の農場を受け継ぐために故郷に帰ってきた。三年前、悲惨な結婚生活に終止符を打って町を出たが、やはり生まれ育った懐かしい土地で静かに暮らそうと決心したのだ。しかし離婚後、事故死した夫の父親は憎悪をあらわにするばかりか、農場を奪ってリゾート地にしようと企んでいた。そこを借りている大学教授アダムもまたなにか吹き込まれたらしく、初対面の彼女に冷たい。「なぜ戻ってきたんですか?あなたには煩わしい所でしょうに」予想どおりの反応だったが、なぜかホイットニーは彼に心惹かれる。「それは十分心得ています。わたしの故郷ですから」“彼もわたしの土地を狙ってぐるになっているのかしら?”不安をぬぐいきれないまま、農場でのふたりの共同生活が始まった。

裏切りの花婿 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
大学生になって初めての夏、リサは婚約者を連れて故郷に帰った。大牧場を経営する父に、彼を紹介するためだ。だが、牧場にふらりと現れた石油鉱山師ミゲルに彼女はたちまち心を奪われてしまった。「世界中の石油よりもきみが欲しい!」やさしくも男らしい、信じられないほど魅力的なミゲルは、そう言ってリサを虜にした。大勢が見守るなか、ふたりは大邸宅で盛大な結婚式を挙げた。その直後、リサは大変なものを見つけてしまう。“リサと結婚すれば牧場の地所で石油井戸を掘る権利を…”父とミゲルが取り交わした契約書だった。ウエディングドレス姿のまま車に飛び乗り、リサは逃げた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ニコルソン,ペギー
テキサスの大農場に生まれ育つ。ブラウン大学を卒業し、高校で十年間教鞭をとったのち、作家生活に入る。現在はロード・アイランドに住んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

いつもきみを見ていた (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幼いころからずっと孤独だったマリーは、かつて、指導教官のピートに愛を告白したがすげなく拒絶された。彼女は今製薬会社の研究者で、社長ジェドの婚約者でもある。マリーにある日、とんでもない極秘情報がもたらされた。彼女が最近開発した特殊なウイルスの解毒剤を、ジェドが犯罪組織のボスに横流しした疑いがあるという。婚約者の無実を確信したくて、彼女は十年ぶりにピートに連絡した。ジェドと仕事上でつき合いがあったピートなら、彼を助けてくれる。だが再会の日、マリーはピートに会ったことを心底悔やんだ。婚約者にも抱いたことのない熱い思いが激しく甦るのに気づいたのだ。

愛のジレンマ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「トッド、ほんとうにあなたなの?」シャノンはかすれた声でやっと尋ねた。なんと7年前海で死んだはずの夫が目の前に立っているではないか。記憶喪失になっていたというトッドの話を彼女は虚ろに聞いていた。“マットのことはどうなってしまうの?”彼女はロッシ医療研究所を開いたマットと1年前に出会い、そこの所長になって2人で研究所を軌道に乗せてきた。そして、ひと月後には愛するマットと結婚することになっているのだ。ふたりの男の板ばさみになって、シャノンの苦悩が始まった。トッドは人が変わったように金をせびってくる。それに婚姻無効の認可までには3カ月がかるという。トッドを突き放しきれない彼女に、マットがついに業を煮やした。

摩天楼の夕暮れ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
画廊を経営するランドは、ある日、一枚の絵に心を奪われた。ニューヨークの街を描いたその絵は、人生の暗い一面をみごとにとらえていた。作者に会いにセトラーの山奥を訪ねたランドを迎えたのは、思いがけず若くて美しい女性、ニコールだった。こんなに若い女性が、なぜこんな辺鄙なところにひとり篭もり、なぜあのような暗い絵を描くのか?噂では十五歳のときニューヨークからやってきて以来十年、彼女はいちども山をおりなかったという。そんなニコールにいつしかランドは強くひきつけられていった。ニコールの心もランドに応えはじめていた。やがてニューヨークに出た二人―夕日に輝く摩天楼にニコールの苦い思い出が映し出されていく…。

魂が帰る場所―シェルター・バリー物語〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
恋人ザックと出席した友人のパーティーで、ランディは親友バーバラの姿を見つけた。バーバラには女性の連れがいて、なぜかランディと顔を合わせようともしない。不思議に思ったランディがザックを促して近づいたとき、彼女は異変に気づいた。ザックの表情がひどくこわばっている。ザックには離婚歴があり、原因は彼の妻にあったとは聞いていた。妻は同性愛者で、それは自分に男性として魅力がなかったせい…。そんな思いがずっと彼を苦しめていたようだ。この人がザックの別れた妻、そして妻の相手の女性というのは、バーバラだったの!やがて、この事実が二人の関係に微妙な影を落としはじめた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クイン,タラ・T.
アメリカではベストセラーリストにその名が載る人気作家。日本でも近年人気が急上昇している。オハイオ州の生まれで、七歳のころから物語を書き出したという。十六歳からは地方紙に書き始め、大学卒業後、高校教師をつとめながら雑誌にも寄稿。プロデビューは1993年スーパーロマンスから。このデビュー作がRITA賞最終候補に残り、一躍シリーズのトップ作家の一人となった。三部作のあと単行本も執筆している。現在、夫、十代の娘とアリゾナ州に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [美容外科] [ハロー!江東区!] [台東クラブ] [GOGO!江戸川区!] [墨田区紀行] [電子たばこ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [アキバ中毒のページ] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [東京ぶらぶら] [鶯谷・うぐいすだに] [台東紀行]
[オススメ!エスホラ!] [背が縮み始めたら]

ooo台東クラブooo 千葉県の民俗・風俗ooo 巣鴨で散策!ooo 千葉の事。ooo 山手線で行く!Libraryooo Rest for a momentooo リネージュIIクロニクル5ooo 花ざかり千葉ooo ぎょうざ@千葉ooo 巣鴨で散策!ooo ビジネス.コレクションooo 甘いお菓子の街千葉ドットコムooo 葛飾区を知れ!ooo 千葉の酒蔵ooo 墨田区紀行ooo TOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)ooo 千葉の水のおはなし.COMooo 上野情報.comooo ハロー!江東区!ooo 新型インフルエンザマスクooo